オススメのダンベルを紹介!タイプ別で自分にあったダンベルを見つけよう

※当サイトではアフィリエイト広告を使用している記事があります
2022-06-11
2022-06-11

これから筋トレを始めるかたも、もしかしたらダンベルを買い換えようとしているかたにも、自分にあったダンベルを探せるように、当サイトの記事をまとめました。

リンク先の記事商品が古いものは順次直していくので、チェックしてみてくださいませ。

初心者にオススメ

とりあえず始めてみたいなら、初心者にオススメのダンベルを。

【初心者のための】ダンベルの選び方とおすすめ10選

見た目にこだわるなら

いかにも”ダンベル!”な見た目がちょっと……なら、見た目にこだわってみる。

かわいいダンベル

銀とか黒とかのダンベルじゃなく、カラフルなダンベルもあるんです。

見た目が”かわいい”ダンベル。おすすめと選ぶポイントを紹介

おしゃれなダンベル

“かわいい”と”おしゃれ”は別ものです。

おしゃれなダンベル5選 さりげなく部屋に置いて毎日の習慣に!

重さ違いで何個も買いたくないなら

軽いダンベルを使っていたけど、もう少し重いのもほしい……でもこれ以上増えるのはイヤだ!

最初から重さが変えられるダンベルを選ぶのも一つの選択肢です。

可変式

その名の通り「重さが変えられる」ダンベル。誰が見ても”ダンベル”な作り。

重さを変えられる、可変式ダンベルランキング5選

ダイヤル式

よく見るダンベルと違って、重りをくるくる回して付けたり外したりしないタイプ。

【厳選】おすすめのダイヤル式ダンベル3選

ダンベルに飽きたならケトルベル

全身運動にもオススメ。ただし素手でブン回すのは滑ってキケンなので、一緒にグローブも。

ケトルベルで心機一転。ダンベルがマンネリ化してしまったあなたへ

トレーニングをするなら持っておくとよいマット

フローリングの場合はダンベルで傷付けないため。カーペットの場合は滑り止めの意味を込めて。

人気のトレーニングマットを紹介 | フローリングに傷を付けないために

まとめ

誰に強制されるわけでもない運動は、できる限り楽しくやりたいですよね。

ぜひ、使っていて、自分のテンションが上がりそうなものを探してみて下さい。

上部へスクロール